バストと女性ホルモン〜胸・大きく/バストアップ方法

バストと女性ホルモン

一般的に女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

 

エストロゲン
エストロゲンは月経や排卵などを起こすホルモンで、皮下脂肪を蓄え女性らしい丸みのある体をつくったり 骨格のつくりや肌にハリ・潤いを与え白くきめ細かにしくびれたウエストなどをつくります。

 

生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌が高まり、排卵が終わると減少します。
閉経後は、このエストロゲン排出が減少されます。
これにより、生活習慣病や動脈硬化などの病気を誘発する危険性が高くなります。
エストロゲンの分泌は、強いストレスや激しい運動、栄養不足や急激なダイエットなどが原因で、無月経や無排卵となるので注意が必要です。

 

プロゲステロン
プロゲステロンは排卵・子宮・妊娠・生理などの機能に関わるホルモンで、子宮内膜の成長を促したり子宮筋肉の働きを調整したり、体温を上昇させる作用があります。
乳腺を発達させる働きを持っており、バストアップ効果につながるとも言われています。
排卵前エストロゲンが増え、減少した後にプロゲステロンが多く分泌されます。

 

バストアップと女性ホルモン
女性らしさが体の成長に合わせて増すように、胸のふくらみも女性ホルモンの影響を大きく受けています。
ホルモンのバランスが崩れると、更年期障害や性機能の低下などで、不正出血や無月経・無排卵などが引き起こされるといわれています。
無理なダイエットや精神的・肉体的なストレスなどが原因で、ホルモンバランスを崩してしまうと、エストロゲンとプロゲステロンにも影響を与えてしまいます。