バストが小さい理由〜胸・大きく/バストアップ方法

バストが小さい理由

バストは、90%の脂肪組織と10%の乳腺からできています。
つまり、胸の中の脂肪量が多ければ、バストも大きいということになります。
胸の脂肪量は、乳腺の発達の具合によって決まります。

 

乳腺を発達させるには、女性ホルモンの充分な分泌が必要ですが、女性ホルモンは思春期から成人期にかけて分泌されます。
この時期に、受験や恋愛・友達の関係などでストレスがたまった場合や、偏った食生活や夜更かしなどの生活習慣の乱れ、無理なダイエットや喫煙などが、女性ホルモンの分泌を妨げる原因となります。

 

もうひとつ主な要因として、遺伝があります。
遺伝でバストが小さいというのは、乳腺質が少ない体質、乳腺が発達しにくい体質という可能性もありますが、母親は巨乳なのに本人は小さい人もいますし、逆の場合もありますので、全ての要因が遺伝とはいえない部分もあるわけです。